警報発令時の対応について

非常災害時の処置について

 

 特別警報・気象警報発令の場合

1.児童が登校する前に養老町に「特別警報」「気象警報」が発令されている場合

  警報が解除されるまで、家庭において待機する。また、解除された時刻により、次のように対処する。
  イ.午前6時までに警報が解除された場合は、平常通り登校する。
  ロ.午前6時から午前9時までに警報が解除された場合は、解除後2時間を経てから授業を始める。(給食あり)
  ハ.午前9時から午前11時の間に警報が解除された場合は、昼食を家庭ですませ、午後1時までに登校する。
  ニ.午前11時を過ぎても警報が解除されない場合は、休業とする。

  ※ただし、上記(イ)(ロ)(ハ)の場合においても、道路や橋の破損、家屋や樹木の倒壊、道路の冠水などで危険と判断される場合は、学校へ連絡し家庭において待機する。

2.児童が登校した後に「警報(大雨・雷・大雪)」「土砂災害警」が発令された場合
   

 原則は校内の安全な場所で待機させ、状況が収まってから保護者への引き取りをお願いする。ただし、警報が発令されていても、気象情報・道路・交通状況等を判断して、児童を安全に帰宅させうると認めた場合は、速やかに下校させることもある。


◎その他


  緊急に学校から連絡することがある場合は、『すぐメール』で速やかに連絡する。
(ア)警報発令時の給食については、簡易給食・給食打ち切り等に変更する場合がある。
(イ)警報発令時やその他の場合においても、道路等危険と見なされることがあれば、地域や家庭より速やかに学校(電話 32-1604)に連絡する。
(ウ)登下校前に落雷の危険がある場合は、一時登下校を見合わせる等の処置をとる。また、登下校中に落雷の危険がある場合は、一時安全な場所に避難し、安全を確認の上、登下校する。

★『すぐメール』に未加入の方は、ぜひご加入ください。都合により加入されない方は、以前もお願いしましたように、地区委員さんなどを通して連絡が届くようにご配慮ください。