PTA活動

新規日誌2 >> 記事詳細

2019/06/13

子どもたちの命を守る救急法講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:webmaster
6月13日、プールびらきも終わり、今年も子どもたちが楽しみにしているプールの時間が始まりました。
本校は夏休みに8日間のプール開放を予定しています。
プール監督は、保護者の方々が交代で行います。
そのため、毎年救急法の講座を開催しています。


講師の先生は、養老消防署南部部署からお越しいただきました。
「もしもし、もしもし、聞こえますか」
デモンストレーションを見て、やり方を学びました。

さて、自分たちの番です。
お母さん方も子どもの命を守るためなので、一生懸命に練習していました。

AEDの使い方を確認しています。
上多度小は保健室の横にAEDを設置しています。
ケースを開くと、大きなブザーの音がしますが、慌てないで使ってください。

まずは、事故のない安全で安心なプールの時間でありますように。
16:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)